職場に理解者がいるかどうか

働く女性が子育てと仕事を両立するためには、働く職場の人々がよき理解者でなければなりません。経営者の中には、女性は子供を授かれば、仕事を辞めてしまう可能性を持ち合わせていると考えている方々もいるのです。しかし、同じ境遇を経験されているよき理解者が経営者であれば、柔軟な考え方から、働く女性の子育てや仕事との両立に配慮して貰えることがあります。

例えば、医療関係もその一つであり、子育てに対する理解者も数多くいます。この様な職場の多くは、去る者追わず、来る者は拒まずの心構えを持ち合わせている事も多くあります。子育てを行っている女性の多くは、子供を含め意識を他者に向け易い心の持ち主です。大人としての意識が高いため、仕事を安心して任せられる安心感を持ち合わせています。従来の社会でも働く女性の方は多くいましたし、仕事と子育てを両立されて来た方々はたくさんいます。
IT技術が発展する中、子供と情報を共有しやすくなり、より安全安心に両立しやすい環境が整っています。子供がいるから仕事が出来ないという考え方は、もう昔の話だと言われる世の中にもなってきました。女性の働き手が多い某企業では、保育所の機能を職場内に設けている事もあります。子供が側にいる事による安心感のみならず、子供が大人に与える元気な姿から社員の士気を高める効果もあるのです。

少子高齢化が進む中、働き手となる人材不足も不安視されています。今後の未来においては、女性にとって働きやすい環境が更に増えて行く事となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です