面接辞退の理由とマナー

最近では、就職活動をする学生の間で、面接辞退をする学生が増えてきています。

就職を希望するという立場でありながら、就職をするための第一歩である面接を辞退するのには大まかな理由が存在します。

一番に大きな理由は、他の会社を第一志望としており、その一番希望としていた会社から内定を貰ったためであったり、そのほかには、その会社からチャンスを頂いたにもかかわらず、その企業内でやっていけるのか、という自信が無くなってしまった為、というような理由があります。

どのような理由があったとはいえ、企業側の人たちに時間を頂いているわけですから、せっかくの面接ですが、お断りの連絡をしなければなりません。

この連絡は、絶対に必要というわけではありませんが、新社会人になる人間として、最低限のマナーではないでしょうか。

とにかく、連絡をするに当たって、一番に大切なことは、早い段階に連絡を差し上げることです。

迅速な行動でお互いに迷惑が掛からないようにするためです。