Category Archives: キャパシティ

キャパシティを考慮する

看護師として働く女性の強みは、看護師としての働き方やペースを自分で選択できる点です。ある程度なら給与の交渉も可能という点も挙げられますが、そうは言っても家庭と仕事を両立させるのは簡単なことではありません。正規の職員として勤務すれば福利厚生の面で優遇されますが、その分だけ責任も伴います。妊娠や出産を経て、子供が体調不良になったり学校の行事に参加したりするために仕事を休まなくてはならない時期は、尚更両立は難しくなります。逆に言えば、そういった時期を上手く乗り切れれば正規職員として継続して働くことが可能ですし、自分の経験も給与もアップすることにつながります。

そもそも家庭環境というものはそれぞれのケースで異なるので、子育て期間はこうあるべきだというものは存在しません。そのため、出産してからどのように仕事と向き合っていくかは、家族で十分に話し合っていく必要があります。保育園または託児所に頼ることだけでは限界があるからです。正規職員で復帰を希望するなら、最低でも1人は子供を預けられる人を見つけたいものです。もしそれが不可能なら、子供がまだ小さい間はパート職員として勤務し、勤務時間も15時までにしてもらうのも一つの方法です。この時間の勤務であれば、子供の調子が悪い時に病院に子供を連れていくことが可能です。ギリギリの働き方だと、託児所への送迎や子供の体調不良の際に余計ストレスがかかって自分を追い込んでしまいます。そうならないためにも、自分自身がどれだけキャパシティがあるのかを考慮した上で、職場と勤務体系を選ぶ必要があります。